リクネクで転職するぞ!!

このサイトは、リクネク、つまりリクナビNEXTを利用する際の注意点やポイント、さらには転職の際に絶対に押さえておきたいことをまとめた、転職支援無料サイトです。

TOP「リクネクで転職するぞ」リクネクの業種と求められる資質ファッション、インテリア、工業製品関連
リクネクの概要

<ファッション、インテリア、工業製品関連>

いわゆるアパレル系の仕事ですが、これは販売する側と作る側の二手に分かれます。


まず販売する側の注意点としては、
  • 結構体を酷使すること
  • 就業時間はお店の開いている時間に2時間ぐらい足した時間
  • 店長と販売力しだいで天国にも地獄にもなる
というものが挙げられます。

給与は18万円ぐらいですが、働くところによって結構変わります。

もし働きたいブランドがあるなら、視察で雰囲気を調べておいて損はないと思います。


一方作る側の注意点としては、
  • 基礎知識は必須(専門学校レベル)
  • センスがものすごく大事
といったことが挙げられます。

ファッションデザイナー、インテリアデザイナーといった職種は非常に華やかに見えます・・・が、実際はモデリング(先輩デザイナーが起こしたアイデアをデザイン画に起こすこと)の作業ばかり、または永遠下請ということもあります。

マイブランドを構築する夢に持つことは前向きで非常にいいことだと思いますが、現実世界を見る限り、難しいというのが率直な意見です。

ちなみに給与は18万円前後となっています。


これらの職種は、販売する側も作る側もセンス、そして探究心が大事です。

また、巷では資格を取らせようと躍起になっていますが、残念、現実に役立つ資格などあまり存在しません。

色彩検定やファッションビジネス検定などがありますが、これはあくまで理論であって実践には適しません。理論で人間が動くなら、誰だって苦労しないはずです。

しかし、インテリアデザイナーが独立開業する時になると、自分のスキルの証明方法としてインテリアコーディネーターなどの国家資格を取るケースもあるみたいです。

ファッションやインテリアなどの知識を得るなら、ちゃんとした教育機関で基礎から学ぶ方がいいと思います。
リクネクとは?
リクネクのメリット
リクネクのメール通知期間について
リクネクでの注意点
実際リクネクって使った方がいいの?
リクネクの業種と求められる資質
これだけは押さえておきたい転職のポイント
求人広告は隅々まで見よう
未経験者OKと一口に言うが・・・
自分の市場価値を知る
好きなことを仕事にする
転職回数を企業はどう評価する?

運営者 メール リンク集 相互リンクについて サイトマップ

TOP「リクネクで転職するぞ」へ戻る


※このサイトの無断複製・コピー・引用は禁止しています。