リクネクで転職するぞ!!

このサイトは、リクネク、つまりリクナビNEXTを利用する際の注意点やポイント、さらには転職の際に絶対に押さえておきたいことをまとめた、転職支援無料サイトです。

TOP「リクネクで転職するぞ」リクネクの業種と求められる資質教育、インストラクター、通訳、翻訳
リクネクの概要

<教育、インストラクター、通訳、翻訳>

まず学歴として大卒という条件があります。

高卒でもフリーの翻訳家や教育者になれば話は別ですが、よっぽどのスキルがない限り、企業などに雇用される形を選ぶべきです。

逆に教育関連の仕事で生計を立てられるのは、企業の専属になったり、派遣会社に登録してコンスタントに仕事を得られる人だけです。


あと注意することに、教育関連の仕事だけの知識ではいけないということです。

例えばIT系の翻訳・通訳に転職しようというのなら、当然IT業界の知識を求められます。

さらに、翻訳・通訳の場合は、外国語よりも正しい日本語を身に着けることも大事です。

ちなみにどのくらいの外国語のレベルが求められるかと言いますと、ビジネスレベルのスキルでようやく仕事になります。


これらの職種は基本的に正社員として雇用されないと生計が立てられない仕事ですので、ただ好きだからの気持ちで転職すると、思わぬ事態になるかもしれません。
リクネクとは?
リクネクのメリット
リクネクのメール通知期間について
リクネクでの注意点
実際リクネクって使った方がいいの?
リクネクの業種と求められる資質
これだけは押さえておきたい転職のポイント
求人広告は隅々まで見よう
未経験者OKと一口に言うが・・・
自分の市場価値を知る
好きなことを仕事にする
転職回数を企業はどう評価する?

運営者 メール リンク集 相互リンクについて サイトマップ

TOP「リクネクで転職するぞ」へ戻る


※このサイトの無断複製・コピー・引用は禁止しています。