リクネクで転職するぞ!!

このサイトは、リクネク、つまりリクナビNEXTを利用する際の注意点やポイント、さらには転職の際に絶対に押さえておきたいことをまとめた、転職支援無料サイトです。

TOP「リクネクで転職するぞ」リクネクの業種と求められる資質研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか
リクネクの概要

<研究、特許、テクニカルマーケティング、品質管理ほか>

これらは一つ一つ見ていきましょう。

1.研究

「もっとシステムの演算処理を速くする」といった、より高度なシステム、ネットワークを研究する仕事です。

求められるスキルとして、C言語、C++、アセンブラなどのプログラミング言語が求められます。


2.特許

ソフトウェア・ネットワーク系の特許ですので、理系型の特許事務所が転職先になると思います。

求められるスキルとしては、弁理士の資格や弁理士志望者、特許実務の経験といったものが挙げられます。

しかし、特許事務所というのは全般的にポイ捨ての多いものです。

使えれば年収1000万円も現実に、使えなければ月給18万円で残業手当、退職金無という厳しい世界です。

だから、よほどのスキルがない限り、転職は避けるべき職種だとは思いますが、逆にスキルがあれば自分の力を存分に発揮できる、ある意味営業に似たものがあると思います。


3.テクニカルマーケティング

どんなものかと言いますと、よくヤフーやグーグルの検索結果の横に「スポンサーリンク」というのがありますよね?

具体例としてはそれです。

つまり、ネットワーク上でのマーケティングの管理、または精度を高め、ユーザーとホストを繋ぐ役割を担っていると考えていいでしょう。

求められるスキルとしては、Web Technologyに関する知識を持つ方や、システム要件を簡単にまとめる能力などと言えるでしょう。

高度な知識が求められる仕事です。


4.品質管理

具体的に何をする仕事かというと、要はクレームを月10件以内に抑えるとか、不良を0.01%にするとか、そういう地道に改善を積み重ねていく仕事です。

結果として商品の価値を高める仕事とも言えます。

また、ソフトウェアの設計業務のスキルは重宝され、転職には有利な経験となるでしょう。

専門的知識として、LinuxやWindowsを用いたアプリケーションの作成ができるレベルを大企業は欲しがっています。


以上をまとめますと、やはり必要なのはプログラミング言語の学習か、それに関連する職種での実務経験と言えるでしょう。
リクネクとは?
リクネクのメリット
リクネクのメール通知期間について
リクネクでの注意点
実際リクネクって使った方がいいの?
リクネクの業種と求められる資質
これだけは押さえておきたい転職のポイント
求人広告は隅々まで見よう
未経験者OKと一口に言うが・・・
自分の市場価値を知る
好きなことを仕事にする
転職回数を企業はどう評価する?

運営者 メール リンク集 相互リンクについて サイトマップ

TOP「リクネクで転職するぞ」へ戻る


※このサイトの無断複製・コピー・引用は禁止しています。